Previous Image
Next Image

お客様の要件に応じた解体、骨の除去とパッケージング

デブラ食肉センター(EG 17/1)では、毎日約1,500頭の屠殺体が解体されています。必要な場合、当社の熟練作業員がお客様の希望に応じて、追加の骨の除去作業や処理を行っています。

厳格な選定

当社の大多数の豚は東フランドルおよび西フランドルで生産され、体重、成長具合や飼料要求率に基づいて慎重に選定されます。また、家畜の健康と絶食なども厳格に管理されています。

これらの豚はすべて、ティールト輸出向け食肉処理場(EG 17)で、認定された人道的な方法により屠殺されます。

巧みな職人技と高レベルのテクノロジーを組み合わせた手作業による分類と、3つのカメラを用いた分類により、屠殺された枝肉はティールト輸出向け食肉処理場(EG 17)でお客様のご希望に応じて分類され、それぞれの部位の肉が以下の基準で慎重に個別検査されます。

  • 輸出額
  • 重量
  • 赤身の割合
  • 筋肉の均一性

 

PATと消費者レベルに至るまでの処理

毎日、枝肉の大部分がデブラ食肉センターで解体されています。必要な場合は、熟練作業員がお客様のご希望に応じて、追加の骨の除去作業や処理を承ります。当社の目標は、品質と柔軟性です。

お客様のご希望に沿った解体、骨の除去およびパッケージングなどのプロセスはたいへんな労力を要し、さらに高い専門技術も必要です。このため、当社では、継続的に品質と衛生の両者に関するスタッフの研修を実施しています。

当社ではPATおよび消費者レベルまで食肉処理加工を実施できるため、当社のお客様は小売業から卸売業者、食肉処理企業、コンビニエンス食品など、多岐にわたります。さらに当社は、ペットフード産業にも供給しています

今日は家畜小屋、明日は店頭に

枝肉は屠殺の次の日に冷却棟から直接供給されます。これによりコールドチェーンが維持され、最高品質保証の製品を提供できます。これにより、以下のようなデブラ食肉センターのメリットにつながっています。

24時間以内に、豚の屠殺、必要に応じた解体、処理および販売店までの輸送が完了します。

65%が輸出向け

当社では幅広い製品に対応し、生産量の65%は輸出されています。その半分は欧州圏外の韓国、香港、マレーシア、フィリピン、南アフリカ、オーストラリア、日本、カナダ、ウクライナなどに輸出されています。

豚の枝肉

骨を除去したカットや骨付きカットに加えて、デブラ食肉処理場では豚の枝肉を丸ごと購入することもできます。

屠殺ライン上の全ての豚は、欧州分類システムSEUROPに従って分類されます。赤身割合とタイプ番号を正確に特定する計測機器VCS 2000システムによって分類されます。

さらに、枝肉も手作業で一つずつ分類されます。各部位は細部にわたるまで個別に検査されます。これにより、まだ屠殺ラインにある間に、枝肉を管理された方法でお客様に個別に提供することができます。

すべての豚の枝肉には、品質と食品安全性の保証を示すEG番号のEG17が印されます。