沿革

デブラグループは、西フランドルを拠点とし、経験と専門技術を併せ持つ3世代にわたる同族経営の企業です。当社は2020年に操業100周年を迎えます。

初代

  • 1920:アルフレッド・デ・ブラウワーがブリュッセルの家畜市場取引するための豚をティールト地方で購入。

2代目

  • 1957:ジュリエン・デ・ブラウワーが、自社の豚や畜牛を屠殺するための「ティールト食肉処理場」を購入。後に、サードパーティーの家畜も扱うようになる。当初、1時間に40体の屠体、1週間に500頭の豚を扱っていた。
  • 1960:熱湯処理タンクと除毛機導入に投資。
 

3代目

  • 1972:…の息子のヘールト・デ・ブラウワーが経営を引き継ぐ。
  • 1974-1976:投資プロジェクト:1時間あたり120体の屠体を処理できる新たなな屠殺ラインの建設
  • 1978:畜牛関連事業から撤退
  • 1979:ヘールト・デ・ブラウワーがデブラ食肉センターを設立。豚は、1日4頭のスピードで、以前の畜牛冷却エリアで解体していた。
  • 1980:廃棄物処理装置と物理化学的水処理システムの建設。
  • 1990-1991:1時間あたり400体の屠体を扱うことができる最新の屠殺インフラストラクチャーを導入。
  • 1995:隣接する冷凍施設を購入。これがデブラ冷凍施設の基盤となる。
  • 1996:生体汚水処理システムの建設。
  • 2002:冷凍施設に隣接する本社建物を購入。
  • 2003:解体室を新築。1時間あたり625頭の屠体を処理し、豚の処理能力を100万頭以上に引き上げるため、冷却室を拡張し、屠殺ラインを改修。
  • 2007:冷却室の拡張。
  • 2010:豚の生産能力を150万頭以上に増やすための冷却室の拡張。
  • 2010:次の世代となるトマス・デ・ルーファー・デ・ブラウワーが入社。
  • 2013:「注文に応じた食肉処理」サービスの立ち上げ
  • 2014:処理能力を200万頭の豚に増強するため、冷却室を拡張。
  • 2014:豚により広々とした環境を確保するために、家畜小屋を拡張。